五月集

花茣蓙     きちせあや
花茣蓙の端を借りしは戦の夜
カーテンの折目にのつて蠅生る
たんぽぽの絮ふくらめる人出かな
春の月消え入るまでの立ち話
一寸の若草つまみ墓詣

紅梅      井上弘美
尼寺に傘をたためる雛祭
雨音の中に曇れる雛鏡
芽柳や灯とぼし頃の嬰の声
紅梅やけふ空け渡す部屋の空
影曳いてゆく花冷の大理石

ミモザ     菅家瑞正
眼前にミモザの花やカフェテラス
春の山この石段を登らばや
早春や地べたに濃ゆき楡の影
囀やしばし凭るる堂柱
長堤を行きて見返る鳥雲に

春寒      秋山てつ子
料峭の路地を行きけり念仏衆
一塊の雲の触れゆく蝌蚪の水
春禽の声撓み過ぐ水の上
神杉を洩れゐる日差し春寒し
野毛坂を登りて降りて春一番

紅梅浄土    長沼利恵子
川越えて紅梅浄土歩きけり
風のある高さに掛かる花五倍子
老人が老人を描く黄水仙
古道具の並ぶアトリエ春寒し
白髪を切り揃へたる鳥雲に

余寒      陽美保子
大氷柱多喜二の海の色こめて
ゴム長とゴム手袋の余寒かな
まぶしさの目を休めるに雪のひま
鹿食つて春の吹雪となりにけり
雪解の楡にはじまる峠神

糸杉      石井那由太
雛飾る心はづみて退院す
水草の大きく揺れて鳥雲に
芳醇といふはチェロの音春夕べ
春深し白鳳仏の想ひとは
糸杉を愛でしゴッホや春愁