一 月 集

冬隣        井 上 弘 美
奏でたき菊の節句の五弦琵琶
花びらの選り抜きのしろ菊枕
蕉翁に額づく後の更衣
真筆の厚き裏張り虫すだく
粥を炊く炎があをし冬隣

晩秋        菅 家 瑞 正
風を知る丈となりたる穭かな
秋麗や図書館を出てそれからは
晩秋や私は徒歩で参ります
道具箱箪笥抽斗冬支度
神域の大樹に秋を惜しみけり

鳥渡る       秋 山 てつ子
浜石に煮炊きの跡や鳥渡る
鳥渡る素焼の鉢を二つ買ひ
銀杏散る海の匂ひの交差点
見はるかすベイブリッヂや秋の暮
この丘の黄落が好き灘はるか

零余子飯      長 沼 利恵子
穭田に置くからつぽの猫車
百本の槍鶏頭の歩き出す
せはしなく鳥の鳴きゐる菊花展
御下がりの塩の利きゐる零余子飯
冬麗に展きて風神雷神図

花鳥風月画     陽  美保子
綿虫の飛ぶ高さなりわが背丈
新米の袋に花鳥風月画
二三段石段借りる冬仕度
雨筋のここに定まる木賊叢
燭台は貝殻仕立て鳥渡る

たまゆら      石 井 那由太
秋の川じつと見詰める膝頭
南天の実を増やしたる鵯の群れ
烈風にいよいよ赤き烏瓜
底抜けの青空をゆく渡り鳥
たまゆらの人の命や秋の虹