藤本美和子抽出

五月

畦焼きの火の手がとほし湖の北   井上弘美
春禽の声の丁丁発止かな      菅家瑞正
涅槃図を眺め鳶を仰ぎけり     秋山てつ子
紅梅と白梅が咲き誕生日      長沼利恵子
雪片の影のよぎりぬ雛屏風     陽美保子
(五月集)
住吉の鳥居の辺なる数珠子かな   小橋信子
末黒野に道の尽きたる狐塚     神戸サト
(石泉集)
小綬鶏の尾の隠れゆく忌明けかな  高砂浩
小綬鶏の声のなかなる離任式    平手ふじえ
海鳥も山鳥もゐて春動く      鈴木真理
ペン擱けば鳥がくるなりあたたかし 流山緑子
ひと山をへだてて春の祭唄     三上かね子
こもりぬの水に日を置く彼岸かな  木本隆行
山出づる水の速さや銀縷梅     遠藤久江
二人分ほどの土筆を摘みにけり   取違憲明
笹原の丈は我が丈春の雲      佐藤順子
卒業の七十五名歩む音       小宮由美子
防災訓練炊き出しの若布飯     三浦れい子
ぽつかりと土偶の口の中の春    藤原惠子
(泉集)