五月          藤本美和子 抽


川越えて紅梅浄土歩きけり    長沼利恵子
雪解の楡にはじまる峠ノ神    陽美保子
(五月集)
ストックのにほひ濃くなる海の闇 今関淳子
窓開けよ一羽の声の松毟鳥    植竹春子
亀鳴くや万年杉のうすき闇    小橋信子
文庫の開かれてある桃の花    神戸サト
(石泉集)
涅槃絵図正面にあり古りてをり  板本敦子
山鳩のこゑを近くに梅ひらく   星井千恵子
つばくらの低く行き交ふ地震の国 大西紀久子
新しき紙の匂ひや木の根明く   川岸雅子
雪解の音確かなる一日かな    永岡美砂子
若枝をくぐり抜けたる植木市   渡辺里妹
剪定の音する路地へ入りゆく   田中亘代
雪囲ひ解きて幹線道路かな    取違憲明
返り来る谺はちちよ雉子啼く   片山久子
旧正の朝の杏仁豆腐かな     松田ナツ
海の青少し濁りて胴着脱ぐ    鈴木真理
空青くなるたび寒さ増しにけり  立石美恵子
古草に艶の戻りし浜の昼     佐藤順子
耕しや目ざとき鳥も加はりて   大林保則
(泉集)