窗下抄


一月             藤本美和子抽


粥を炊く炎があをし冬隣     井上弘美
銀杏散る海の匂ひの交差点    秋山てつ子
(一月集)
消毒の手の裏おもて冬隣     植竹春子
身に入むは金槐和歌集雑のうた  小橋信子
竜胆の山気をもらふ鋏かな    伊藤麻美
空ばかり見てをり後の更衣    小山草史
(石泉集)
残菊に白といふ憂さありにけり  木本隆行
月蝕や尻ゆがみたるラフランス  土橋モネ
日曜の窓を開けたる鶲かな    星井千恵子
感謝祭征野に遠き燭ともし    平手ふじえ
燭台に立つる蝋燭冬用意     橘いずみ
女川の風の音する初秋刀魚    小島ただ子
弔ひの半ばに仰ぐ秋の虹     石井タミ子
行き先は決めず木の実の降る方へ 小宮由美子
秋刀魚の口の尖りをる夕べかな  髙橋とし子
北浦の湖のかたちや神の留守   伊藤勲
とんばうの翅透きとほる佳日かな 松山暁美
碁笥の石洗うて干して冬支度   渡辺里妹
拝礼の三礼釣瓶落しかな     遠藤久江
(泉集)
先附の松葉さしたる零余子かな  佐瀬スミ子
(光集)