九月   藤本美和子抽

水打つて並足の馬とほしけり   井上弘美
桑の実に指を染めたる慕情かな  菅家瑞正
明易のラジオの語る軽皇子    長沼利恵子
旧交の淡交の夏料理かな     陽美保子
山彦のゆつくり返す涼しさよ   石井那由太
(九月集)
短夜の句集「百千」忌の近し   植竹春子
真夜中の時計の音と金魚かな   伊藤麻美
(石泉集)
日に焼けしツバメノートや沖縄忌 木本隆行
青葉木菟火の気の少し欲しき夜  三上かね子
夏桑の中より声をかけらるる   片山久子
白靴の向きなほしおく剣道場   小島ただ子
絵馬鳴つて色深めたる四葩かな  土橋モネ
神木に瘤の二つや虎が雨     取違憲明
硝子戸に映れるは貌熱帯夜    松田ナツ
雨晴れや夏の賞与のいかばかり  板橋麻衣
竹林の風を愛でたる夏料理    星井千恵子
ほろ苦き青水無月のゼリーかな  小宮由美子
外気舎の手拭ひ掛けやえごの花  鈴木葉子
山伏の草鞋の急ぐ半夏雨     久志本宏子
炎天下渋滞中のカーラジオ    海野優
(泉集)