一月

懸崖の菊の蕾の揃ひたる     長沼利恵子
隅田川小名木川とて秋惜しむ   陽美保子
(一月集)
初鴨の一羽が遅れ着水す     植竹春子
真つ白なマスク取りたる皓歯かな 高野美智子
同行の一人加はる鵙日和     神戸サト
大津絵を見て来し鵙の鋭声かな  伊藤麻美
神籤大吉鶺鴒が降り立ちぬ    山梨菊恵
(石泉集)
松の葉のひかりを集め松手入   木本隆行
海原に片雲もなし秋遍路     小島ただ子
綿虫に会ひにゆきたる誕生日   橘いずみ
亥の子石宮司の唄の三巡し    鈴木真理
芒原なびく方へと歩きけり    大西紀久子
初子とて菊の着綿とどけらる   片山久子
ゴンドラの影すれちがふ草紅葉  小島 渚
遺されて夜長といふを賜りぬ   板本敦子
朝日の色夕日の色の柿二つ    小笠原眞理子
掛軸の筆は青淵ひよの声     星井千恵子
霜降の星を数へる飛騨泊り    石井タミ子
淋しさに慣れる寂しさ冬近し   藤原惠子
無花果に色の乗りたる一等地   取違憲明
(泉集)

二月


衿白く冬将軍を迎へけり      井上弘美
神域に水音聞くや惜命忌      菅家瑞正
東京の紅葉は遅し河明り      長沼利恵子
雪呼び合へる落葉松と白樺と    陽美保子
(二月集) 
波郷忌の空を仰ぎて癒えにけり   小橋信子
先客が褒めたるポインセチアかな  伊藤麻美
短日の子規全集の書影かな     小山草史
波郷忌や波郷を語りたき人と    神戸サト
(石泉集)
鳥影の一つが速き枯野かな     取違憲明
枯野道明るし次の札所まで     永岡美砂子
群れを離るる鴛鴦の番かな     渡辺里妹
茶の花の垣を抜けたる喪服かな   三浦れい子
枯草に寝て何もかも遠くせり    佐藤順子
陣屋門出て雪吊をまた仰ぐ     小林真木
笹鳴を聞きたる日なり人恋し    片山久子
橅の種三粒賜る神の留守      川岸雅子
撞鐘の一打つつじの返り咲き    星井千恵子
ひよどりのひと鳴きに去る波郷の忌 橘いずみ
埃及の文字を読み解く夜長かな   小島ただ子
水鳥は平たき嘴を閉ぢにけり    高砂浩
(泉集)