窗下抄           藤本美和子 抽

一月           

小鳥来る朝な朝なの目玉焼     秋山てつ子
亡き人と語る北窓塞ぎけり     陽美保子
色鳥や虚子と愛子の虹の詩     石井那由太
(一月集)
リサイクルペットボトルや鳥渡る  小橋信子 
てつぺんの柿をもぐまで見てゐたる 伊藤麻美
(石泉集)
霜降の松にあつまる雀かな     木本隆行
木の実降り止まず赤んぼ泣き止まず 土橋モネ 
ひよんの実の小径ありけり深大寺  三上かね子
横綱の菊人形の髪膚かな      取違憲明
手をのばす綿虫の白いつそうに   板橋麻衣
虫籠を提げてスーパーマーケット  緒方阿久亜
地下足袋のこはぜを留める冬支度  小宮由美子
神木の松に松毬七五三       橘いずみ
尼寺の縁におかるる虫籠かな    小島ただ子
波郷忌の櫟林の香なりけり     山梨菊恵
ウオーキングマップ広げて文化の日 遠藤久江
湧く水のよく鳴るところ釣船草   志田礼子
新仏にはふるさとの今年米     佐藤順子
岩盤に寝転ぶといふ秋遊び     大西紀久子
尼寺にひとつ残りし烏瓜      梅津由子
(泉集)

二月           

雨つぶが荒々と打つ一の酉     きちせあや
柊の花零れゐる梯子段       秋山てつ子
(二月集)
潮の香の一時つよし惜命忌     植竹春子
ことのほか味噌の香の立つ薬喰   小橋信子
老犬の一瞥したる返り花      高野美智子
七五三ポケットチーフに手をやつて 中込征子
月蝕の始まるを待つショールかな  小山草史
(石泉集)
月蝕の明りに浮いて冬の虫     佐藤順子
真夜中の地震に冷たき眼鏡かな   取違憲明
まがたまの形の津田蕪漬けにけり  長曽美沙子
闘ふも睦ぶも眩し寒すずめ     平手ふじえ
まつすぐな罫うつくしき日記買ふ  菊地一彦
差入れの鯛焼一つづつぬくし    三浦れい子
こもり居の枕屏風の雀かな     小島ただ子
九十の齢が誇り飾売        山梨菊恵
鳩が二羽マフラーを巻く距離にゐて 木本隆行
癒ゆる日を待たるるごとし茶が咲いて 藤原惠子
奏上の祝詞のながき七五三     大林保則
夕星のことに明るき神の旅     川岸雅子
短日や関守石をひとつ置く     永岡美砂子
(泉集)

三月          

初旅や雪にまみゆるところまで   井上弘美
この在はむかし宿場や木守柿    菅家瑞正
十二月八日のニュース先づは聴く  秋山てつ子
忙中有閑にほどりが声あげて    陽美保子
(三月集)
時の気や冬至南瓜を煮含めて    小橋信子
枯園の枯れ尽したる案内図     伊藤麻美
(石泉集)
蠟梅の香に川音の痩せにけり    取違憲明
笹鳴の影移りたる築地塀      土橋モネ
大歳の雀が参る百度石       山梨菊恵
ぽつぺんの音よく通る母の家    川岸雅子
後山へのかかりに小橋朴落葉    平手ふじえ
数へ日や一升瓶の酒醤油      小宮由美子
数へ日の一炷たむけて七七忌    小島ただ子
楪の高さや宇治に住み古りて    片山久子
甲冑の眼に囲まれて底冷えす    小島 渚
元朝の紙飛行機が飛んでくる    三浦れい子
初富士のふいに見えたる身延線   渡辺里妹
朴の葉を器となすや霜の花     木本隆行
よき音に鉛筆削る三日かな     志田礼子
雪女置き残せしや百度石      海野優
(泉集)

四月

仁喜忌が来る高き木に低き木に   秋山てつ子
一月も末の合切袋かな       陽 美保子
(四月集)
何もせぬひと日がすぎぬ梅つぼみ  今関淳子
針山の一本を抜く冬景色      伊藤麻美
(石泉集)
敬礼の手袋白き騎馬始       大林保則
神鶏の淡きまなぶた春近し     山梨菊恵
大鯉の立てたる去年の尾鰭かな   取違憲明
着ぶくれて大福餅を食べにけり   長村光英
冬青草トランペットのチューニング 木本隆行
朝日子に目鼻傾く雪達磨      井上義久
竹馬のあをぞらを行く高さかな   大西紀久子
待春の廊下を夫の車椅子      松田ナツ
鳥の声高きあけくれ日脚伸ぶ    田中亘代
着ぶくれて取り損なひし電話かな  河越由貴子
鳥を待ち春を待ちたる遊水地    菅沼昌子
老人の耳学問や日脚伸ぶ      藤原惠子
籠居に倦みもせざれど暮遅き    丸山分水
春聯の寓居を訪へば恙なし     松𠮷健夫
寒波来る一羽の雀逸れにけり    梅津由子
笹鳴によき日向あり下枝あり    長曽美沙子
(泉集)