十 一 月 集

今日の月       井 上 弘 美
あはあはと行き合ひの空虫すだく
露座仏の眦に金天高し
夕照のなかの子別れ烏かな
野牡丹の開かむとして月光裡
しづかなる水に迎へむ今日の月

水澄む        菅 家 瑞 正
蜩や雑巾掛けを常として
水澄むやこの欄に手を乗せて
近くより遠くの声や秋の蟬
水澄むがゆゑの飛石伝ひかな
底紅や敷石踏んで書道塾

秋され        秋 山 てつ子
秋されの仏壇ざつと拭ひけり
水蜜桃食ぶ両肘張りもして
薦樽に揺らぐ木洩日涼新た
秋濤に眼を閉ぢてゐて足りにけり
ともがらは凡そ年下猫じやらし

白菊         長 沼 利恵子
遠くより波打つて稲の花咲ける
墓原の山に貼り付く秋の蟬
ひぐらしの声の重なる一周忌
夫に挿す白菊のまだ固蕾
新涼や少し離れて人の顔

虫のこゑ       陽  美保子
金輪際離れぬおんぶばつたかな
つくつくしつくつくぼふし半跏趺坐
虫のこゑ止みて柩を通しけり
また別の虫の闇ある家路かな
花芒北辺の夜を明るくす

呼吸         石 井 那由太
老木の空に残りし柿六個
草原を行けば寄り来る猫じやらし
露草をかがやかせ去る通り雨
蜩やみんな呼(い)吸(き)して生きてゐる
秋惜しむパーシー・フェイスの音とともに