一月

後の月  井上弘美
実朝のうた口を衝く秋の潮
南北に一本亘す稲木かな
ゆく秋のみづの影ろふ鏡石
西行のなほ黒く坐す後の月
箔押しの文字のきんいろ秋惜しむ

秋明菊  菅家瑞正
吹かるるや秋明菊は白ゆゑに
一水を跳んできちきちばつたかな
もみいづるメタセコイアは天を衝き
柿はいい色だねと妻呟けり
秋水を跳んでいつもの道となる

露  秋山てつ子
振り向きて誰も居らざる露けさよ
柊の花のはじめの夕べかな
草の絮どこまで翔んで行くつもり
隣家の灯のちかぢかと実むらさき
秋惜しみをり遠景に近景に

祝籠  長沼利恵子
芋の葉の右往左往に折れて晴
無患子の今年の艶を拾ひたる
懸崖の菊の蕾の揃ひたる
門前やもつてのほかを買ひしのみ
秋ばらの真ン中にある祝籠

蕉翁  陽美保子
霜降の深紫の安土幕
少年の射法八節秋の風
交喙鳥の黄交喙鳥の赤と晴れわたる
蕉翁を訪へば屋根草紅葉して
隅田川小名木川とて秋惜しむ

菩提樹  石井那由太
菩提樹の下に集まる小鳥たち
烏瓜笑ひこらへて引かれけり
墓洗ひ永の無沙汰を詫びにけり
肩に止まり何を告げるか赤とんぼ
青空にすつくと立てる緋のカンナ

二月

鵟  井上弘美
衿白く冬将軍を迎へけり
さびさびと雁木によどむ夜の雨
鷗らの波にしたがふ夕焚火
寒月や傳雪舟の山水図
野に果つる如く鵟の動かざる

冬めきて  菅家瑞正
畑土の天地返しや冬めきて
一人来て加はる大根畑かな
巷間やポインセチアの鉢の数
神域に水音聞くや惜命忌
冬菊の匂ひ立たせよ深大寺

波郷忌  秋山てつ子
波郷忌の寒さとなりぬ昨日今日
夕暮の雀の声や枯葎
冬の虹同じところに二度三度
敷藁の匂ひしたたか茶が咲いて
わらんべの滑つて来たる冬の草

黒牛  長沼利恵子
自然薯の曲り具合も称へられ
東京の紅葉は遅し河明り
何の実を踏みたる音か冬に入る
よく跳ねる小鳥出てくる落葉かな
一つづつ咲いて満開返り花

落葉松  陽美保子
いつも見て見るのみの山眠りけり
遠からず雪つもるらむ円空仏
折紙の表と裏や雪起し
雪呼び合へる落葉松と白樺と
十二月八日の顔を洗ひけり

月下  石井那由太
ゆつたりと雲を運べる秋の水
吊橋を揺らし高きに登りけり
秋の暮水切石を走らせて
いつしんに月下の蜘蛛は糸紡ぎ
鶏頭を目に焼き付けて床の子規