一月   波郷忌       

波郷忌の大きな柚子を賜りぬ
おほわたのひとつ寄りくる手が熱し
おほかたは枯れ尽したる水の上
紅葉散る隠沼てふはこのあたり
水鳥の羽ばたく音も闇の奥
山桑の木や潔き枯れの音
大根の穴と青首大根と
城跡の端に見えたる焚火の火
寒潮を見てきしといふ顔そろふ
沖に鮫安楽椅子がきしみけり

二月  富士   

防人の峠つつじの返り花
親潮と黒潮のあふ年用意
極月のてのひらにおく稚貝かな
北溟の波の白さよ尾白鷲
結局はポインセチアを買はぬまま
一陽来復草の穂絮がかくも飛ぶ
富士みゆる小径に出づる冬木立
前方に川をのぞめる初神楽
一管の笛の音に乗る初雀
手庇に富士引き寄する四日かな

三月  鬼打豆   

神杉の葉をふりかむる初景色
前方に川をのぞめる初神楽
雪吊や一朶の雲も寄せつけず
   おおるり句会席題「余」詠みこみ
土鳩二羽寒鴉二羽以下余白
   悼 高野美智子さん
一塊の寒鯉の向き人偲ぶ
水分(みくまり)の水のかたへの冬菫
見目形よき赤蕪ばかりにて
裏山に人音のあるおじやかな
山房や鬼打豆をかくも打ち
雀色時下萌の土のいろ

四月 節分草 

仄々と節分草の四辺かな
駒返る草のなかから鳩が出て
春寒料峭鴛鴦の思ひ羽
木の芽張る水の上は鳥睦みゐて
老人の杖の触れたる蝌蚪の水
昼中のうすき塵おく蝌蚪の紐
小綬鶏が鳴く背戸口が開いてゐる
水温むころとなりたる笛太鼓
夕景としてまんさくの花盛り
ひと夜さの雨のありたる草を摘む

五月  野遊び  

三月の半旗の影よこどもらよ
水草の根が見えてをる余寒かな
地虫穴を出づ斎竹は垂直に
猫柳懐紙を折りたたみ
水中に鯉の目があり冴返る
さざなみの日向日陰や水草生ふ
かたかごの花やいにしへよりの風
亀に会ひ翡翠に会ひ青き踏む
賓の眉間をひろく野に遊ぶ
サフランをワインに浸し花ミモザ

六月  夢違へ   

蛇出でて凸面鏡のうちの景
永き日や翁の隻句などに触れ
接ぎ松の節や伏流水響く
降りみ降らずみ山中の仏生会
乳呑児の足のうら見ゆ花筵
照鷽といひ雨鷽といひ万花
海潮のさしくる雀隠れかな
湧水のし吹く八十八夜寒
春夫忌の空をあふぎて吹き戻し
        吹き戻し…玩具
河骨の花鮮しき夢違へ