2024年

一月

一枚の仏足石の氷かな    美和子

 かつて毎日新聞社が発行していた総合誌「俳句あるふぁ」には「俳句が生まれる現場」と称する連載企画があった。隔月刊の雑誌に俳人が登場、それぞれの作句フィールドを紹介、案内しつつ吟行句を十句ほど作るというページである。吟行には「俳句あるふぁ」編集部のスタッフ赤田美砂緒さんとカメラマンの野澤勝さんが同行してくれた。
 私の吟行地は通い慣れている絹の道と片倉城址公園、高幡不動尊の三か所。取材はほぼ一日がかりだったが同行の赤田さんは以前仁喜先生の取材時にお会いしていたこともあってあまり緊張することもなく楽しく吟行ができた。
 吟行日は二〇一四年一月十日。最強の寒波が襲来した日だ。掲出句は最初に訪れた高幡不動尊での嘱目である。大日堂の前に設えられた仏足石には氷が張っていた。たしか前夜雨が降っていたように思う。仏足石に溜った雨水が寒波襲来のおかげでみごとに結氷。完璧な仏足石形の氷ができていたのだった。これぞまさに天上からの贈り物だと思った。雑誌にもその氷を持ち上げる瞬間を捉えた一葉が載っている。発表時には
  持ち上げて仏足石の氷かな
としたが、句集には掲出句の形にあらためた。即座にできた句にはそれなりの実感があるのだが、「一枚」というモノにこだわることで「仏足石の氷」の透明感が出たように思う。                      『冬泉』所収 

二月

断層も島の椿も無垢のいろ 美和子

 「断層」は伊豆大島の南西部、大島一周道路を走っていると現れる「地層切断面」である。高さ24メートル、長さ630メートルもあるという。1万5千年にも及ぶ歳月のなかで繰り返されてきた噴火の歴史が刻まれた地層である。
 私が訪れたのは椿祭りの確か初日、思い立って調布飛行場から大島直行便に乗って出かけた。大島滞在時間は五、六時間というタイトなスケジュールで日帰り吟行を試みたのだった。
椿は未だ三分咲きという情報だったせいか、観光客もさほど多くはなかった。ちらほらとほころび始めた紅椿の楚々とした風情と島を周遊中に突如あらわれた断層のみごとなまでの造形の美しさがなんとも印象的だった。咄嗟に「無垢のいろ」という言葉が浮かんだ。何の迷いもなく、確かな手応えを感じた一語はすとんと胸に落ちる。安心できる。
 島の椿に魅せられた私は一週間後、ふたたび大島を訪れた。思いがけず春の雪が舞った。
 溶岩原の濡れはじめたる春の雪
ともに初出は2017年「俳句」4月号、特別作品21句。このときの21句は全て伊豆大島のものでまとめ、タイトルも「断層」とした。『冬泉』所収。