一月 去年今年        

山茶花の白の眩しき男時かな
栃落葉欅落葉を踏み忌日
この森の尾長あつまる忍冬忌
遺句集といふ一冊や帰り花
綿虫の降つてくるなり西の空
浮かび出て虚空のいろの雪蛍
白鷺の翼広ぐる冬の景
堰落つる水の光や鼬罠
 深見けん二先生
樅といふ木を仰ぎたる去年今年
松過ぎの手を汚したる烏賊の墨

二月 祝箸    

海坂の燦燦とあり松迎
潮鳴りを聞く大年の土不踏
逝く年の渚に映る波濤かな
大仏に即かず離れず年堺
大仏をあふぐに離れ年送る
鎌倉も路地の奥なる堀炬燵
煤逃の下足札とはなつかしき
海鳥のこゑのあつまる祝箸
寒禽のおほかたは鳶盧舎那仏
喝采の潮のしぶき寒落暉

三月 頬刺    

尻立てて少しく遊べ冬の蠅
三寒の真水四温のみづかげろふ
青天白日左義長の火の谺
三寒の鳥や葎に沈みては
くれなゐは仮の世のいろ寒椿
頬刺のかほみなちがふ焔かな
鍼打つて今夜は雪になるといふ
たぎつ瀬に梅一輪の白きこと
料峭の鱗光らせ六六魚
運ばれてくるは田楽豆腐かな

四月  沓の音      

内陣の格天井も冴返る
南無南無と唱へて春もなかばかな
踏青や秋篠川に沿ひながら
釉薬は下萌のいろ古都のいろ
窯元の女将の話うららけし
器量良しなる春鹿がこちら向く
飛火野の起伏に春の遅きこと
松籟に立ち止まりては春の鹿
啓蟄のゆふべ濡れたる野面積
東日本大震災忌沓の音